読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

道連れサメハダー

f:id:fortune_39:20170109191554p:plainf:id:fortune_39:20170208192550p:plainf:id:fortune_39:20170127145716p:plain
f:id:fortune_39:20161212094346p:plainf:id:fortune_39:20161204012200p:plainf:id:fortune_39:20161208122511p:plain
サメハダー@サメハダナイト 加速
意地っ張りAS
噛み砕く/道連れ/守る/身代わり

ギャラドス@飛行Z 威嚇
陽気AS
飛び跳ねる/滝登り/竜の舞/挑発

カバルドン@ゴツゴツメット 砂起こし
215(252)-132-158(44+)-x-119(212)-67
地震/ステルスロック/欠伸/吠える

  • A197メガメタグロス 冷凍パンチ×2 ~220
  • 残りD

カプ・テテフ@拘りスカーフ
臆病CS
ムーンフォース/サイコキネシス/サイコショック/シャドーボール

ボーマンダ@ボーマンダナイト 威嚇
陽気AS
捨て身タックル/地震/竜の舞/羽休め

ギルガルド@ゴーストZ
控えめHC
シャドーボール/毒々/キングシールド/身代わり

メガサメハダーの噛み砕くの一貫性の高さに注目し、有利状況を整え全抜きを狙う形を目指した。
このポケモンの弱点は受け駒の突破がしにくい点、メガシンカ後に加速できない点である。
前者は取り巻きの毒や、身代わりを残しつつ噛み砕く連打、後者は不利対面でも交代せずにアドバンテージを逃さない道連れを採用することで解決した。

様々なポケモンを削れるクッションとしてカバルドン、二体が誘う草や水を誘いつつ潰せる駒として飛行Zギャラドスの三体を基本選出とし、裏には幅広い選出が行えるマンダとテテフ、受け駒を崩す毒ギルガルドを採用した。

途中で変えつつ最終的に39勝9敗でレート1900。
終盤までこの構築を使う気はなかったのと、近々で参加する大会の予定もなかった為、一旦完成形として紹介することにした。