ドヒドイデ入り

f:id:fortune_39:20170301183848p:plainf:id:fortune_39:20170519202410p:plainf:id:fortune_39:20161220184435p:plain
f:id:fortune_39:20161202010425p:plainf:id:fortune_39:20161212094346p:plainf:id:fortune_39:20170127145716p:plain
ドヒドイデ@氷Z 再生力
157(252)-x-217(204+)-80(52)-162-55
熱湯/毒々/黒い霧/自己再生

  • 135-116ゲンガー 熱湯 33~

グライオン@毒々玉 ポイズンヒール
177(212)-115-166(44)-x-127(252+)-115
地震/毒々/守る/身代わり

テッカグヤ@食べ残し
197(196)-x-124(4)-147(52+)-125(28)-110(228)
エアスラッシュ/宿り木の種/ボディパージ/身代わり

  • 155-91バシャーモ 身代わりに対する反動+エアスラッシュ 154~
  • ボディーパージで+1ギャラドス抜き

カプ・コケコ@電気Z
臆病CS
10万ボルト/ボルトチェンジ/草結び/目覚めるパワー氷

カプ・テテフ@拘りスカーフ
臆病CS
ムーンフォース/サイコキネシス/サイコショック/シャドーボール

カバルドン@ゴツゴツメット 砂起こし
215(252)-133(4)-158(44+)-x-118(204)-68(4)
地震/ステルスロック/吠える/怠ける

ドヒドイデ+グライオンの並びを参考にした。
この2体がほぼ完封される地面無効+身代わりに対し、ボディパージから切り返せるテッカグヤ、吠えるカバルドン。
残り2体に、ある程度選出段階で釘付けが可能である、テテフとコケコを採用した。

実際にテッカグヤで地面無効+身代わりを切り返せた場面は0。
ドヒドイデの性能をうまく引き出せなかったと感じていて、リザードンとの偶発対峙時以外で機能した場面がほぼなかった。

真皇杯関西予選1にて使用。
成績は鋼ブロック4-5で予選落ち。